2017/11/12 子ども祝福式 創世記18:1~15,21:1~7,ローマ4:21~22



アブラハムへの約束
 アブラハムが85才のとき、神は夜空の星を見させて「あなたの子孫はこのようになる」と約束されました。

・3人の御使いと約束
 それから14年の年月が過ぎ、アブラハムは99才になっていました。ある暑い日のこと「彼が目を上げて見ると、三人の人が彼に向かって立って 」いました。彼は高貴な旅人たちをもてなしたのですが、彼らはアブラハムに次のように神の約束を告げます。わたしは来年の今ごろ、必ずあなたのところに戻って来ます。そのとき、あなたの妻サラには、男の子ができている。」

・サラの笑い
 サラはその言葉を聞いたときに、心の中で笑ってしまいました。お爺さんとお婆さんに子どもなどできるはずはないと思ったのです。しかしアブラハムは、神の約束を心から信じました。

・イサクの誕生
 それから1年が過ぎたときに、神の約束の通りにサラは子どもを産みました。名前はイサクとつけました。イサクとは「笑う」という意味で奇跡の記念としての名でした。神は人の考えを越えた奇跡をなす方なのです。

・ローマ4:21~22
(彼は)神には約束されたことを成就する力があることを堅く信じました。だからこそ、それが彼の義とみなされたのです。」

2017/11/05 エレミヤ31:1~8 荒野と恵み



・荒野と恵み
 エレミヤは未来の「その時」について預言をします。それは第一にバビロン捕囚の時についてです。「その時」彼らは苦難を味わうのですが、いわばその「荒野で恵み」得るとあります。神のお取り扱いは出エジプトの昔から同じです。神の民であっても苦難を体験することがあるのですが、そのただ中で神の恵みを発見するのです。

・「出て行って」
 「出て行って休みを得よ」とあります。「出て行く」とは、古い集団、肉的な集団から出て行くということで、結果的に捕囚の民は「出て行った」のです。その先は孤独と苦難がありましたが、そこで新しい神体験が始まることになりました。
 このことは新約の民である私たちの場合もまったく同じです。私たちもまた古いしがらみから「出て行って」神との出会い、霊的安息に入るように神は招いておられるのです。

・永遠の愛
 「永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した」とあります。途切れることなく、妨げられることなく注がれる愛が、永遠の愛です。しかも神の熱心さと深さによる愛です。
 神は私たちをも愛しておられます。その愛に面と向かって出会うのは、私たちの場合も「出て行って」ということです。古いしがらみから「出て行こう」とするときに、不安が伴いますが、それを克服して、はじめて神が備えている新世界に入ることができるのです。